水媒花

みんなで綴る短歌ブログ。

このブログで、共に短歌を学び、短歌で遊べたら幸せです。
宜しくお願いします。

《このブログでやりたいこと》
①ネット歌会 ~どなたでもお気軽にご参加下さい!第三回水媒花歌会は、詳細の決まり次第ブログで告知します。
②学びの共有 ~研究発表、短歌イベント参加レポート、読んだ歌集の感想など~
③交流    ~告知やちょっとした日常風景、作品など~
      寄稿受付 kimuramiwa11☆gmail.com (☆を@に変えてください)
             ※原稿料はお支払いできません。

陸離たる空

「木ノ下葉子『陸離たる空』を読む会①~加藤英彦氏」に引き続き、②田口綾子氏の発言です。
※簡単なメモの抜粋です。お気づきの点等ございましたら、お手数をおかけしますがお知らせください。

Ⅰ 凝視
 目力すさまじい作者である。作者は、都合の悪いものをシャットダウンしないことを、強いと思い、大人と思い、そうなれないと言う。異常なまでに目の前の物に執着する。ただ見るのではなく、正しさへの希求につながる。

  瞼より眼が偉いばつかりに静かなひとになれないと泣く (P122)

  目を開けて生まれたる我まなこには母の痛みの入らむばかりに (P133)
  目の前で色の褪せゆくことのなき紫陽花の玉を日暮れまで見つ (P149)


 
Ⅱ「正しさ」への志向
 
  視野の端の眼鏡のフレーム消し遣りて仰ぐ景色を二刷(にずり)と思ふ (P26)
→フレームの無い景を本当とまでは思っても、なかなか二刷までは思わない。本当の景、つまり正しいと思う景は、しかし私が加工した景である、と作者は思っている。

  真つ白にこんなに白くなるのかと指ばかり見る顔よりも見る (P48)
→本当は顔を見るのが正しい。でも指を見てしまう。理想の正しさとずれてしまう自分。

Ⅲ「正しさ」のバリエーション
「見る」以外の例

  お大事にと言はれて気付くさうだつた私は患者で貴方は医師だ (P48)
  金環日蝕まさに輪になる瞬間に人の噂を始むる母は (P188)

Ⅳ 聴覚への広がり
 歌集前半は視覚優位。後半は聴覚に取材した歌や破調が出てくる。

  葉擦れ鳴る中庭はどこも閉ぢられて風だけが去るしまとねりこ揺る  (P165)
結句八音は歌集中唯一では?

Ⅴ 過去に向き合う
 過去の助動詞の使い方が独特。

  死ぬということば覚えてのち暫し生くといふ語を知らずに生きき (P17)
  別館五階緩和ケア科の廊下には厚き絨毯敷き詰められき (P43)

→生きるとか、絨毯が敷き詰められているとか言うときに通常、過去「き」を使わないのでは。このような形で過去の助動詞を使う作者の思いを象徴するような歌が次の歌。

  現在を過去へ押し遣るやうにして定まらぬ夜のアクセルを踏む (P10)


~つづく。次回は清水正人氏です。

(水甕岡崎支社 木村美和)



 木ノ下葉子『陸離たる空』を読む会が、12月9日、東京四ツ谷のプラザエフにて行われました。パネラーは、加藤英彦氏(Es)、田口綾子氏(まひる野)、清水正人氏(水甕)で、出席者は約50名。パネラー各氏の誠実で丁寧な姿勢が会全体の雰囲気を作り、読む会から懇親会まで終始和やかな雰囲気で、多角的に読みを深めることができました。
パネラー各氏のご発言を、簡単に記します。
※簡単な抜粋メモです。お気づきの点等ございましたらお手数ですがお知らせください。

加藤英彦氏
【Ⅰ】内面の言語化
 作者(木ノ下葉子)は、同年代(若手)のどれとも交わらない感性を持つ。全身から湧くエネルギーの質が違う。それは、ものすごく大きな欠落を埋めようとする切実さの内圧とも言える。
  
  父は茂、妹は梢、風はいつも固有名詞の彼方から吹く
→象徴的な歌であり、〈風〉には近しいものを感じる。

  言へなかつたことばは川を下りゆき汽水となりて頬を伝へり
→内面の重量を支えきれなかった。

  昇っても見下ろすことを赦されぬ坂を何処まで昇れば良いか
→内面への問い。坂は、実際の坂とも「生」とも読める。「生」の行き着く先は死。

【Ⅱ】死と再生の円環

  生まれたら一度死ぬだけ真つ直ぐに歩いて渉る遠浅の海
→「真っ直ぐ」は、他の歌にも見られる。真っ直ぐ行くことが作者の基準。とても純粋なひたむきさ。

  金魚掬ひのごとくささつと健康な自己を掬つて育てなければ
  リスペリドン、クエチアピンにビペリデン、我を生かしてくれよ初雪
  入口はこの白きドアのみなればいつの日か此処を出口となさむ

→生きようとする歌。それに対し、

  死ねばもう眠くないんだシャッターは引き上ぐる時意外と軽い
  我といふ生をあなたに返すからあなたが笑つて笑つて捨てて

→死の方へ振れている。生(まっとうに生きようとするひたむきさ)の反動。これが詠う必然性へ直結している。必然性の強度が同年代の中でも突出している。

【Ⅲ】父・家族

  手の小さき妹が花嫁になるわが妹がもみぢの下で
  熟睡(うまい)する母を初めて見し夜明け漕ぎ出ださむと乗りし方舟
  片耳より眠りに落ちていく父の最後の音になりたかりけり

→家族というより、父と私、母と私、妹と私、という風に詠まれている。
父が、互いに最も良き理解者であり、没入、自己投入しているのに対し、母との関係には距離が見られる。

【Ⅳ】感性への振幅

  よしずよしずと売る声のする雲間かな目を閉ぢてゐる方が眩しい
→目を閉じる(現実に消えている)ほど記憶に鮮明に残る

~つづく。次回は田口綾子氏です。

(水甕岡崎支社 木村美和)





  

dawn-3361172_960_720

「③空を見上げる」でも触れたが、作者は、見るもの聞くものを、まるで生まれて初めて体験する刺激のように受け止める。既成の概念を疑い、自身の感覚で捉え直し、言葉を与える。今ある世界は少しずつ破壊され、新しい世界が築かれてゆく。


  まれまれに綿の詰まりて生まれくる体のあるを長らく信ず (p126)

 1首で読むと、幼びた可愛らしい無知、あるいは天然少女のようでもあり、おそらくそのような部分もこの歌の一面なのであろう。(参照:重吉知美「④ブラックユーモア」http://livedoor.blogcms.jp/blog/kimuramiwa-suibaika/article/edit?id=12277050)
 しかしこの歌を、連作「闇の温度」(pp124-127)の中に読むとまた異なる様相を帯びてくる。作者は、息も詰まるような寂しさに居る。布団に足を入れれば〈闇の温度〉に触れてしまい、〈影引くことも許されなくて〉、〈動かなくなるまで蟻を泳がせ〉る。作者は〈綿の詰まりて生まれくる体〉に、自身を重ね合わせたのかもしれない。痛みを確認し、自分の中に赤い血が流れることを確認せずにはいられなくなったのかもしれない。

  我が母の腹の膨らみ日ごと増し孕み直されゐたるわたくし (p96)
  熟寝(うまい)する母を初めて見し夜明け漕ぎ出さむと乗りし方舟 (p194)
  酔ひたれば角にぶつけるこの胸の膨らみにまだ慣れ切ってない  (p132) 

  

生まれる以前、母の胎内に生を受けるところから、作者は「感じる」ことをやり直し、自身の言葉をもって生まれ直す。出生は大変な衝撃で、そのときに受ける無意識の傷、こころの傷がのこるという。(吉本隆明『詩人・評論家・作家のための言語論』pp27-29)そのような痛みを伴いながら、あえて生まれ直し、生き直す。そうすることでようやく、作者は生きている実感を得ているのかもしれない。

(あとがきより)
「私は我が身を爛れさせる痛みを、代わりの痛みとして、自分を切り裂かなければ生きてこられませんでした。(中略)私にとって短歌は、「苦しみ方を変える変圧器」のようなものです」

 

(水甕岡崎支社 木村美和)



frozen-201495_960_720

   ワンセグが切れ切れに映す気仙沼の火に泣きしとふ東北の祖母

  あの日々を皮膚のごとくに着続けしジャンパーに地震(なゐ)のにほひ残ると

雪は黙つて降るべ雨は黙らねべ しんしん痛む祖母の右足

 

作者は、山形県に生まれ、静岡県清水区の三保に育った。本歌集中、東北について詠われたものは多くないが、その印象は強く、歌集全体に深い陰影を与えている。

土地の名は枕詞であると言うが、「東北」という土地の持つ一つの詩情もあるだろう。震災のこともあるだろう。そして祖母の持つ繊細で深い感性と、土地の持つ生命力の強さが、作者へとたしかに引き継がれていることを、本歌集を読んで確認する。

 

 みちのくより嫁ぎて来たる二十九の母か 道辺の蜜柑を拾ふ

  二十九の母の黒髪浜風にまだ慣れざれば吹かれやすきよ 

  

 二十九という母の年齢を越えた作者である。母が蜜柑を拾う姿や、浜風に吹かれる姿は、実際には見ていないはずであるが、写真やビデオなどの記録だろうか。蜜柑の色鮮やかさや、浜風に煽られる長い黒髪の生々しさは、歌人としての霊感が作者に見せた心象風景のようにも思われる。

(水甕岡崎支社 木村美和)


 dandelion-463928_960_720

タイトルは『陸離たる空』、章題は「Ⅰ空が鳴る」「Ⅱ空が揺る」「Ⅲ空を乱す」「Ⅳ空に住む」。作者はいったい、どのような空を見上げているのであろう。

 

空の底ぞつとするほど露出して逆上がりさへ無理せずできる


底とは重力のかかる方向であり、たいてい足を下ろす方向。空を見上げて底を思うとは、空を見下ろし、空に引かれる(落ちてゆく)ような感覚か。高層ビルから落ちるよりもずっと距離のある、そこはかとない底。それをまざまざと見せられて、不気味さや怖れを覚える。〈ぞっとする〉〈露出して〉を、そのように読んだ。そして空に引かれる感覚で〈逆上がりさへ無理せずできる〉と。論理的にスムーズにつながる。しかし、不思議な感覚だ。上の句から受ける感覚と、下の句から受ける感覚に若干ズレを感じる。上の句のそこはかとない不気味さに対し、下の句は、逆上がりという子供のような行為や、〈無理せず〉から受ける安心感が、どこか懐かしい。空の底に、何があると言うのか。不気味さと怖れ、そして同時に、強い力で引き寄せられる懐かしさ、そのように空の底の異界を見上げている作者を思う。

  葉の間(あひ)に透けて見えぬる青いろを疑ひてみきそらと言ふもの

 

歌集に並ぶ歌から、作者が、あらゆる刺激を自身の感覚で、まるで初めて受ける刺激のように鮮やかに捉える様子が見て取れる。その感覚はあまりにも鋭く、あらゆる刺激が、強く、激しく、ときに暴力のように作者を襲う。この歌で、作者は葉を、葉の間に透ける空を見上げている。そして、その青色を疑い、空そのものを疑う。〈いろ〉〈そら〉は、その意味を消され、作者の感覚により新たに意味を与えられようとしている。

 
  私とは違ふ覚え方したのだらう曲がり角では空を見上げて

誰かと道を行く場面。その人は、やや浮世離れした人なのか、曲がり角で空を見上げて、進むべき道を判断しているらしい。星を見て方角を知る、ということでもなさそうだ。不思議そうに、しかし力みのない心地良さを、作者は感じているのではないだろうか。道は、具体とも抽象とも読める。苦しみや迷いのただ中にいるときにふと肩の力を抜いてくれそうな「誰か」であり、その「誰か」が判断をゆだねる「空」なのである。

 
  きみの名に忌と続ければ唐突に君は死にたり陸離(りくり)たる空

 タイトルは、この歌からとられている。「陸離たる」とは、(形動タリ)①光が入り乱れて美しくかがやくさま。②複雑に入りまじるさま。(コトバンク「大辞林第三」)

 名前に続けた「忌」の一文字で、生きていた人が、唐突に故人となる。死は突然訪れるということを、なんと身も蓋もなく描くのか。まるで、目の前にその人の倒れるさまを見るようだ。〈君〉は、読者である「わたし」かもしれない。唐突に、「わたし」に死の訪れるさまを、無声映画を見るように見せられてしまった。それでいて感傷や、生々しさ、哀しみは感じられない。生も死も入り混じり、そこにある悲喜交々を美しい輝きとして映す空。作者は、空をそのように見上げているのかもしれない。

一首目に戻るが、作者が空の底に見る異界には、そういった意味で、生も死も入り混じる恐れや懐かしさがあり、それらが一粒一粒の光として美しく輝いているのではないだろうか。〈陸離たる空〉を今日も明日も作者は見上げ、生きてゆくのであろう。

~関連記事~
木ノ下葉子『陸離たる空』 (加藤直美)
http://livedoor.blogcms.jp/blog/kimuramiwa-suibaika/article/edit?id=12206289
木ノ下葉子『陸離たる空』②歌人の覚悟について(木村美和) 
http://livedoor.blogcms.jp/blog/kimuramiwa-suibaika/article/edit?id=12233080

(水甕岡崎支社 木村美和)


↑このページのトップヘ