水媒花

みんなで綴る短歌ブログ。

このブログで、共に短歌を学び、短歌で遊べたら幸せです。
宜しくお願いします。

《このブログでやりたいこと》
①ネット歌会 ~どなたでもお気軽にご参加下さい!第三回水媒花歌会は、詳細の決まり次第ブログで告知します。
②学びの共有 ~研究発表、短歌イベント参加レポート、読んだ歌集の感想など~
③交流    ~告知やちょっとした日常風景、作品など~
      寄稿受付 kimuramiwa11☆gmail.com (☆を@に変えてください)
             ※原稿料はお支払いできません。

寄稿


水甕、木村美和さんからご紹介いただいた歌集『金の環』を手に取りました。作歌歴17年、水甕芦屋支社加藤直美さんの第1歌集です。黒地に金の装丁が宇宙を思わせる、とても美しい本です。

 

「花冷えの夜」

 遠からず来るメノポーズ霧深き異国の街の名前のやうな 

メノポーズという言葉を知らなかった私ですが、調べるまでもなくそれと伝えうる歌。霧深い異国の街、そこに居場所を見つけたとき人はどんな表情をするのでしょう。それまでには無い、新しい笑顔を会得しているかもしれません。

 

「零るる水」

筆跡に人を想へば骨格をたどりし指はほのかに湿る

誰にでも筆跡はあって、それは人となりを表します。文字を見てその人を想う。とても美しく始まり、馳せる気持ちは次第に愛しさに変わります。日常に潜む静かな官能に惹かれました。 文字から誰かに思いを馳せる歌はほかにも何首かあって、その時時の大切な人が見え隠れします。

 

金のリング」

 二分後に君も観るだらう日食の金のリングにとほす薬指

これがひとつめの金の環。2012年の皆既日食を歌っています。かなりの距離を置いているふたりの愛情は、淋しげだけど、きっと通じているはず。

 

「青はまぼろし」

 若さとは透き通ること後輩の髪かけてゐる耳朶きれい

透明感のある若い女性の耳からうなじのラインが浮かびます。澄んだ声も聞こえてきそう。若さが透き通ることなら、年を重ねるとどう変化していくのでしょう。その先はどんな歌が生まれますか。

 

「月蝕」

 夏祭りの金魚根方に埋めるたび瘤を増やして咲く百日紅 

夜店の金魚は大方死んでしまって、それを埋めた記憶は、もしかしたら誰にでもあるのかもしれません。百日紅の瘤が増えるのは決して金魚のせいではないのに、あたかもその命を宿して増えていくかのような不思議な歌。夏祭り。夜。金魚。死。埋。と奇妙な怖さを連想する上句と「さくさるすべり」という結句。軽い印象の音で終わってそれらが宙に舞うようです。 (ちなみにその百日紅の瘤だけを切って水に浸けておくと根を張り芽を出して大きく育ちますよ。)

 

「底の二粒」

 犬は犬を子供は子供を目で追ひぬ夕暮れの道擦れ違ふとき 

ああそうだな、と腑に落ちる光景。目で追って、ほんの少し目で会話して擦れ違うだけ。そんな一瞬を、成長しても覚えていたりしませんか。優しく確かに通じあった一瞬の記憶。

 

「月の砂漠」

 一斉に梅桃桜咲くやうな祖母の笑顔は人を忘れて 

 梅桃桜咲くような笑顔。この言葉をきっと忘れないと思います。特定の人だけの無垢な笑顔はとても貴いです。

 

「小さきフレーム」

 摘(つま)めないゆゑに床へと押し付ける髪一本に指の苛苛 

穏やかな歌の狭間にこんな歌もあってホッとします。

いらいらしてもいいんですか?

いいんです。

いいんですね、と。

 

「秋のきくらげ」

 聞き耳を立てて聞かざるふりをせり水に拡がる秋のきくらげ 

きくらげは漢字で書くなら木耳。耳に似ています。水に浸ければどんどん拡がる黒い耳で聞き耳を立てる。それと知られないように黒く大きな耳を…、という奥底に潜むざらりとした気持ち。台所って少し怖いですね。

 

林檎の時間」

 麻痺の手は林檎一つの重さほど幾年ぶりかに触れる父の手 

深く眠った赤ん坊はなぜかしらその重さが増したことを思い出します。自由を失った手、大人の男性の手を林檎に例えて歌う介護。深刻になりすぎず、ありのままに歌われた介護はやはり貴い世界です。

 完熟を過ぎれば蜜から腐りゆく林檎の時間に刃をあてる 

林檎に例えられる介護の日々。何度も読み返しました。紛れもない真実がここにはあります。他には明るく滑稽な歌もあって、そこで少し笑って、そしてまたやりきれない感情に支配されていくのです。

 

「金の環」

 香りつつひと夜に散りし木犀の金の環めぐらせ人を拒みぬ 

地面に散った金木犀の小さな花々の美しさ。ある日一斉に散って地面をまるく彩り下からも香りを放ちます。可愛らしい橙色に染まった場所に足を踏み入れるのは躊躇われ、それは確かに金木犀が張った結界なのかもしれません。 これがもうひとつの金の環です。

 

加藤さん自身の職業詠もあって、それらは個人的にとても興味深いものでした。面白いです。この歌集をこれから読む方たちのために敢えて言及するのをやめておきます。 私はこのまま不器用に年を重ねてもいいのかな、という思いにとらわれつつ日々を過ごしています。そんなときにこの歌集に出逢いました。ささやかに働きつつ、子離れを乗り越え、親を病院へ車で送り迎えし、少し疲れて横になって、夕飯は手抜きをしたりして。それでいいのよ、と言われた気がしました。愛すべきたくさんの人が生活の隙間に垣間見えればそれで生きていける、そう思わせてくれる静かな歌集でした。穏やかな余韻にまだしばらく浸っていられそうです。 

(寄稿:枝豆みどり)

  

  往生極楽院(天井の船底型に極彩色の天女・菩薩色褪せてある) 

 

         三千院の庭

 

        三千院   庭に散在する石仏

 

         詩仙堂庭に通じる道

 

              詩仙堂(詩仙の間)

京の散策は雨の六月もまたさくら、紅葉に次いで魅力である、。冬も格別と聞くが

 寒さが苦手なのでこれは実現出来てない。

 三千院へはもう何回来ただろう。修学旅行、歌の師との吟行、二人の友人と

 それぞれ、秋と春季節を分けて、、、そして今回が5回目だがそれぞれ思い出深い。

 今回は春日いづみ先生を御案内しての訪れである。

 生憎の雨だが、これがこれがわたしの望んでいた天気なのである。

  朝早い、苔むした三千院の庭は実にしっとりしていて心が落ち着く。

 昨日の合同歌会の講師をしてくださったいづみ先生もつかれを吹き飛ばされたことだろう。

 自称「雨あがり女」私の面目も保たれた。ご案内した方のよろこばれるお顔をみると

 心底うれしくなるのである。

  つづいての案内の地に迷う…近頃話題の岩倉の実相院、京都随一の借景圓通寺等々。

    上賀茂の社家も魅力だし、、。

 とりあえず国際会館で食事。今回は地元下鴨のTさんがついて下さっているので心強い。

 お話の中で「詩仙堂」にいかれたことがないとお聞きしたが詩仙堂を見ずにお帰り

 いただくのはまことに残念。

 幸い金閣寺より銀閣派だとおっしゃるので此処に決定。

 写真の詩仙の間から大きな山とかの借景はないがこの地に樹勢する木々が調和

 していて実に落ち着く。若いカップルなど十数人が等間隔に静かに座る。

 紫陽花の原種で幻の紫陽花と言われた七段花をはじめて見たのはこの地なのである。

 ときどき花花の虫食いがめだったがそれも丈山のこころなのであろう。

  この堂を立てた江戸期の石川丈山なる人物に思いを馳せるひとときであった。

 1986年、5月詩仙堂ご訪問時のダイアナ妃とチヤールズ皇太子の写真があった。

 憂いに満ちたお顔から妃の苦悩も日々をおもった。

 

     木の名もつ母と水の名もつ吾と炎を挟み時に距離置く

               春日 いづみ

                              (水甕 佐々木則子)


前半を未読の方はこちらの記事をどうぞ。
(寄稿)「第33回俊成の里短歌大会」参加報告①

3 記念講演  「短歌の魅力」 小島 ゆかり氏

 60分間にわたり、日本の各地で行われた短歌大会で小島氏が出会った心に残る歌など17首を取り上げ、その魅力について語られた。

 

  ハムスターしゅるいはきんくまハムタロウすなほりがすきまわるのもすき
                              小一・女子

「わたしが飼っているのは、キンクマという種類のハムスターで名前はハムタロウ、好きなことは…」と、5つの情報が無駄なく、リズムよく歌われています。

 

  ベトナムの森に鉛を撃ちし祖父/水鉄砲で/我と戯むる   高三・男子

 岩手県の啄木を記念する大会に出された、アメリカ人を父とする人の作品で、三行書きされています。

ベトナムに従軍した祖父は、鉛の弾を打ったけれど、僕と遊ぶときは水鉄砲だ! 同じ人間が時と場所が変われば別人となる戦争の怖さを伝えてくれています。啄木の歌を踏まえた結句も効果的です。
 

  ごめが鳴く(にしん)曇りの空はるかふる里の「増毛(ましけ)」の駅は消えゆく  男性

〈ごめ〉は「カモメ」のことです。「増毛駅」は高倉健さんが主演した映画「駅 STATION」の舞台となったことで有名ですし、北海道増毛郡増毛町の町名の由来はアイヌ語の「マシュケ」(カモメの多いところ)からきていて、その字からご利益を連想する人も……。

  安倍死ね、と言はない方がいいですよと諌められたり答案の隅に
                     大松達知『ぶどうのことば』

 授業中に思わず口がすべった言葉でしょうか、それを直接にではなく答案用紙に「落書」。それを「諌め」と受け取る生徒と教師の人間関係。なにかほのぼのとしますね。
 個人的なことですが、小島ゆかり氏は今年の2月に「中日歌壇」に何年振りかに投稿した私の歌を一席に選んでくださいました。
 あの悲惨な戦争を通して心より願った軍備によらない平和実現の理想が、今、無残に塵にされようとしています。そのことを紙面ではしきりに取り上げているのに、中日歌壇ではいっこうに詠われていない。もっと歌壇でも取り上げてほしいと願って送りました。投稿直前、結句に「九条守れ」と「と」をボールペンで追記して。すると、結句を〈九条守れ〉と添削されて取り上げてくださったのです。

  
寒中に一時間立ちいっぴつの署名いただく九条守れ    佐野都吾

 市民は無関心だ、とも受け取られる歌です。しかし、署名に近所を回った妻は、「駅前では急ぐ足は止められない」と教えてもらいました。さらに私の歌仲間が署名用紙を持ち帰って集めてくれたり、進んで署名をしてくれる方が与えられたりしました。

一首の重みを実感した瞬間でした。その感謝の意味もあって、この大会に参加した私でした。

                  (寄稿・水甕岡崎支社 佐野都吾)

4月29日、愛知県蒲郡市で行われた「第33回俊成の里短歌大会」に参加しました。

小島ゆかり氏の「短歌の魅力」についての講演と、この大会の選者をしている、栗木京子氏や島田修三氏の歌評をじかに聞きたいと願ったからです。その大会の様子の一部を紹介します。

 なぜ蒲郡市で藤原俊成の短歌大会が開催されるのか

 「小倉百人一首」の選者として有名な藤原定家の父である、俊成の名を冠する大会が、なぜ三河湾を臨む蒲郡市で行われるのだろうか。「蒲郡開発の祖 藤原俊成」と大書し大会で配られた資料によれば、俊成は平安時代後期の1145年に、三河国の国司(現在でいう県知事)に任命され、3年5か月の間に、今の蒲郡市の中心部を開発した、という。

 大会大賞二首の紹介

(愛知県知事賞)
   
青紅葉窓の()に揺れ教室はガラスの明るき水槽になる  
                      三重県鈴鹿市  森谷
佳子

青紅葉は初夏の楓の青葉のことと、初めて知りました。人さまの歌を読むと、未知の言葉と出会い、戸惑いと無知をさらす恥じらい以上に「言葉の扉」が開かれていく喜びを感じる私です。
「教室を明るい水槽に見立てる意外性に富んだ発想……爽快なイメージを描いた一首」(島田氏)。「明るさと見立てがよい」(小島氏)。

 

(蒲郡市長賞)

  目覚めから独りなんだと気づくまでまだ夫がゐる甘やかなとき  
                     静岡県磐田市  松島 良江

目が覚めて現実に戻ると夫の不在を知ることになる。夢の余韻にひたるひとときを〈甘やかなとき〉と表したところに切ない愛情が湛えられており、心を打たれた」(栗木氏)

 

                  (寄稿・水甕岡崎支社 佐野都吾)







先人達が残しておいてくれた、春のイメージに合わせて(この場合は中国の唐時代の詩人である孟浩然さんの作品「春暁」のイメージ)日向、猫、あんぱん、などの喧嘩しないような言葉で組み立ててゆく。ましゅまるるの造語はコーディネートで言えばスカーフの部分だ。

こんな感じで短歌を作る行為は、洋服のコーディネートを考える事と似ていて楽しい。たいてい何処かの一句の部分で納得がいかなかったり辻褄が合わなかったりしてくるのだが、そこをどのアイテムでどの様に合わせていくかが作者のセンス、遊び心、人生経験、知識などが出てくる気がしている。

洋服のコーデネートとして使わないアイテムを使っていたり、洋服ではなく髪形が素敵だったり、ほんの少しの柔軟剤の香りがお洒落の一部だったりもする。

ただ私は、洋服が好きだからこう思っているのであり、短歌はその人が好きな短歌、以外の事柄に引き寄せて作歌ができるのではないかと思う。

皆さんは短歌のほかに何が好きで、どんな事をイメージしながら短歌をつくっているのだろうか?そのように好きな物事に引き寄せて短歌を鑑賞している時に、短歌の裏側から作者の好きなものの香りがしてくる。

音楽であったり、恋人であったり、歴史であったり、批判精神であったり、自然であったり、椅子であったり、仕事であったり、作者自身であったり……。その香りが鼻先をかすめた時、思わずニヤついてしまうので変人と思われる。

ただ私は変人と思われてもいいので沢山の短歌を読んでニヤついていたいし、季節に合った言葉のコーディネートの数々を短歌で感じていきたい。

私の作った短歌では説明力に欠けるので、とっても素敵な言葉のコーディネートで、短歌を作る方の短歌を引用させて頂く。

丸善の文庫売り場のひるさがりニーチェを選ぶひとの顔みる   荻原裕幸

(注意書き)     

*    猫にはパンをあまりあげてはいけません

*    短歌をつくっていても変ではない人も沢山います

*    いちご大福柄のスカーフはお洒落なのでしょうか

*    着飾る事に集中していると人間の内面が疎かになります

                            (寄稿:水甕名古屋支社 鶴田よめ)



!cid_162941c0b155e55993f2


↑このページのトップヘ