水媒花

みんなで綴る短歌ブログ。

このブログで、共に短歌を学び、短歌で遊べたら幸せです。
宜しくお願いします。

《このブログでやりたいこと》
①ネット歌会 ~どなたでもお気軽にご参加下さい!第三回水媒花歌会は、詳細の決まり次第ブログで告知します。
②学びの共有 ~研究発表、短歌イベント参加レポート、読んだ歌集の感想など~
③交流    ~告知やちょっとした日常風景、作品など~
      寄稿受付 kimuramiwa11☆gmail.com (☆を@に変えてください)
             ※原稿料はお支払いできません。

歌集

 dandelion-463928_960_720

タイトルは『陸離たる空』、章題は「Ⅰ空が鳴る」「Ⅱ空が揺る」「Ⅲ空を乱す」「Ⅳ空に住む」。作者はいったい、どのような空を見上げているのであろう。

 

空の底ぞつとするほど露出して逆上がりさへ無理せずできる


底とは重力のかかる方向であり、たいてい足を下ろす方向。空を見上げて底を思うとは、空を見下ろし、空に引かれる(落ちてゆく)ような感覚か。高層ビルから落ちるよりもずっと距離のある、そこはかとない底。それをまざまざと見せられて、不気味さや怖れを覚える。〈ぞっとする〉〈露出して〉を、そのように読んだ。そして空に引かれる感覚で〈逆上がりさへ無理せずできる〉と。論理的にスムーズにつながる。しかし、不思議な感覚だ。上の句から受ける感覚と、下の句から受ける感覚に若干ズレを感じる。上の句のそこはかとない不気味さに対し、下の句は、逆上がりという子供のような行為や、〈無理せず〉から受ける安心感が、どこか懐かしい。空の底に、何があると言うのか。不気味さと怖れ、そして同時に、強い力で引き寄せられる懐かしさ、そのように空の底の異界を見上げている作者を思う。

  葉の間(あひ)に透けて見えぬる青いろを疑ひてみきそらと言ふもの

 

歌集に並ぶ歌から、作者が、あらゆる刺激を自身の感覚で、まるで初めて受ける刺激のように鮮やかに捉える様子が見て取れる。その感覚はあまりにも鋭く、あらゆる刺激が、強く、激しく、ときに暴力のように作者を襲う。この歌で、作者は葉を、葉の間に透ける空を見上げている。そして、その青色を疑い、空そのものを疑う。〈いろ〉〈そら〉は、その意味を消され、作者の感覚により新たに意味を与えられようとしている。

 
  私とは違ふ覚え方したのだらう曲がり角では空を見上げて

誰かと道を行く場面。その人は、やや浮世離れした人なのか、曲がり角で空を見上げて、進むべき道を判断しているらしい。星を見て方角を知る、ということでもなさそうだ。不思議そうに、しかし力みのない心地良さを、作者は感じているのではないだろうか。道は、具体とも抽象とも読める。苦しみや迷いのただ中にいるときにふと肩の力を抜いてくれそうな「誰か」であり、その「誰か」が判断をゆだねる「空」なのである。

 
  きみの名に忌と続ければ唐突に君は死にたり陸離(りくり)たる空

 タイトルは、この歌からとられている。「陸離たる」とは、(形動タリ)①光が入り乱れて美しくかがやくさま。②複雑に入りまじるさま。(コトバンク「大辞林第三」)

 名前に続けた「忌」の一文字で、生きていた人が、唐突に故人となる。死は突然訪れるということを、なんと身も蓋もなく描くのか。まるで、目の前にその人の倒れるさまを見るようだ。〈君〉は、読者である「わたし」かもしれない。唐突に、「わたし」に死の訪れるさまを、無声映画を見るように見せられてしまった。それでいて感傷や、生々しさ、哀しみは感じられない。生も死も入り混じり、そこにある悲喜交々を美しい輝きとして映す空。作者は、空をそのように見上げているのかもしれない。

一首目に戻るが、作者が空の底に見る異界には、そういった意味で、生も死も入り混じる恐れや懐かしさがあり、それらが一粒一粒の光として美しく輝いているのではないだろうか。〈陸離たる空〉を今日も明日も作者は見上げ、生きてゆくのであろう。

~関連記事~
木ノ下葉子『陸離たる空』 (加藤直美)
http://livedoor.blogcms.jp/blog/kimuramiwa-suibaika/article/edit?id=12206289
木ノ下葉子『陸離たる空』②歌人の覚悟について(木村美和) 
http://livedoor.blogcms.jp/blog/kimuramiwa-suibaika/article/edit?id=12233080

(水甕岡崎支社 木村美和)


080137351335

※写真はネットの著作権フリー画像から選んだもので、木ノ下葉子さんとは一切関係ありません。


 作者は、
2013年水甕新人賞、2017年水甕賞を受賞。本歌集は、2018711日発行の第一歌集、初版1000部の商業出版である。彼女の歌は、芸術を追求するための歌でも、読者を喜ばせようとする歌でもなく、自身が生きてゆくための歌である。

 

 父は茂、妹は梢、風はいつも固有名詞の彼方から吹く

 翳す手の小指が水平線を掻く私は夏の朝に生まれた

 

 1首目は本歌集の冒頭歌、2首目は水甕新人賞受賞作の冒頭歌である。これらの歌を冒頭に置くことに、作者の覚悟を見る。
 上手いのだけれど、その時代その年代の誰が歌ってもよさそうな歌がある。また歌を詠むときに、己をさらけ出すことに躊躇い、己を隠しながら見せる、というような中途半端な歌になってしまうことがある。
 この歌集に収められた歌は、歌人、木ノ下葉子だけの歌であり、ここにその真実を表すという静かなる宣言を見る。

関連記事:木ノ下葉子『陸離たる空』 加藤直美
http://livedoor.blogcms.jp/blog/kimuramiwa-suibaika/article/edit?id=12206289


 (水甕岡崎支社 木村美和)


IMG_0499
   木ノ下葉子さんの歌集『陸離たる空』を読んだ。ヒリヒリとした独特の感性、生きることの苦しみ、悲しみが切ない歌集だ。彼女の心の病に目が向きがちだが、そうではない歌に好きな歌が多かった。

      もう何も食へぬ体を屈ませてリモコンの電池を換へたりし父

      真つ白にこんなにしろくなるのかと指ばかり見る顔よりも見る

       病室の水が止まらずセンサーは我が手以外の何かを感知し

       動かなくなるまで蟻を泳がせし赤きバケツの赤き水かな

      石鹸を使ひ終はつた午後届く喪中葉書に咲く胡蝶蘭

     鉛筆の芯のにほひを滲ませてノートに雨を降らせてをりぬ

リモコンや白い指、水道のセンサー、石鹸、鉛筆の芯の匂いなど、目の前の具体的なものの存在感が、ともすれば崩れてしまいそうな木ノ下さんの心にくっきりと映っているように感じる。    
 (水甕芦屋   加藤直美)


IMG_0497
 9月8日、定例歌会のあと恒例となった勉強会を行った。今回は小佐野彈歌集『メタリック』。昨年「無垢な日本で」により短歌研究新人賞を受賞し、作者がオープンリーゲイであることが歌壇でも話題になった。
   この歌集を読むとき、どうしても「ゲイ」であるということを文脈に置いてしまう。作品の中には、はっきりそうであるとわかるものとそうでないものがあるが、具体的には述べず読者に想像させるように作られている作品の方が多く、一首一首を単独で味わうというよりは、連作ならではのストーリー性が読者を惹きつける。旧かなで、比喩などの修辞が巧みであることも特徴である。

     家々を追はれ抱きあふ赤鬼と青鬼だつたわれらふたりは

 巻頭のこの一首は、この歌集の象徴的な歌であろう。社会や家庭から疎外された(ゲイである)自分たちは鬼のような存在。古来から物語の中で鬼は悪の象徴で退治される存在。自らをその鬼であるとし、反乱を起こしたい、でも報われない、どこかあきらめにも似たひりひりとした罪悪感がこの歌集からは感じられる。

  スジャータのミルクしたたる午(ひる)を生き僕らはやがて樹下のねむりへ
 
 お釈迦様は6年の苦行の後、スジャータという娘より供養された乳粥によって弱り切った身体を回復させ、その後菩提樹の下で悟りを開いたという逸話がベースになっているのだが、自らの苦しみを重ねて詠われているようで、詩情あふれる柔らかな作品である。

  なにもかも打ち明けられてしんしんと母の瞳は雨を数へる
  水無月の雲となりたる父だからカミングアウトできる気がする


 
1首目は母親に何もかも打ち明けた時の歌、そして2首目は分かり合えなかった父親には雲となったゆえにカミングアウトできるという、両親への切ない思いを詠った一連の中の作品である。

 最後に会員の生の声を!
Hitomi 「 自分たちには宗教の救いもなくて、ソドムに代表されるような神の怒りに触れるのみ。激しい愛。溺れるようで、罪の意識から自由になれず、どこか客観的に自分を見ている。打ちのめされます。」
Mine「誰しもいろんな思いを抱えて生きているとはいえ、切実感が半端なかった。」
Sioko「罪の意識から自由になれないまま、もがいているのでしょうか?苦しすぎます。」
Hitomi「制約があるほど、愛は純粋になるように思います。定型の中で詠もうとする人だから、罪の意識も強いのかも。」
Mine「つくづく短歌って不思議な力もってると思うなぁ」
Naomi「これ、もし小説だったら違うよね。」
Hitomi「たいていの小説は、読者に細部まで説明してくれるしプロットで運んでくれるから、読者は受け身でいられる。」
Sioko「確かに、短歌は能動的に読まないと読みきれない場合が多いですね。定型という制約があるため結果的にそうなるということでしょうが、それが短歌の魅力でもあるのかな?」
Mine「小説にできないことができるね、短歌、やるじゃん!」
        
(水甕芦屋支社 加藤直美)




 


IMG_0467


 戦後生まれの我々にとって「8
月=敗戦」という実感こそないが、広島、長崎の原爆の日、15日の終戦記念日などを通して、8月はやはり先の大戦について考えさせられる月であり、またそうであるべきだろう。
 村山美恵子歌集『余波(なごり)は、戦時下沖縄掲載ている。

 

櫃に鎖しおきし引揚げ 叔父叔母に従妹に母の友幾たり

饐え臭き従妹を背負ひ抑留の叔父の帰りを共に待ちにき

(引揚げの惨より)


 一方で、戦時中の暮らしを詠った歌には、次のようなものもみられる。

ところてんのぬるりと出るを固唾飲み見詰めてゐたりお河童髪に

床下の防空壕に電気引き灯火管制へいちやらの父

鉛筆の芯は向かうへむけて置き敵突くべしと校長の訓

みつかりて又も没収されしてふあの米誰の胃に入りしか

(太平洋戦争末期より)


 作者9
歳頃の体験であろうか。おそらくは断片的な記憶だろうが、ところてんのぬるりとした感じ、鉛筆の芯の尖った様子などディテールが鮮明な作品である。少女はところてんを食べられたのだろうか。灯火管制も、没収された米も、鉛筆の芯で敵を突くという教育も、あっけらかんと詠っているようで、実はとても重い事柄である。

(水甕芦屋支社 加藤直美)


↑このページのトップヘ