水媒花

みんなで綴る短歌ブログ。

このブログで、共に短歌を学び、短歌で遊べたら幸せです。
宜しくお願いします。

《このブログでやりたいこと》
①ネット歌会 ~どなたでもお気軽にご参加下さい!第三回水媒花歌会は、詳細の決まり次第ブログで告知します。
②学びの共有 ~研究発表、短歌イベント参加レポート、読んだ歌集の感想など~
③交流    ~告知やちょっとした日常風景、作品など~
      寄稿受付 kimuramiwa11☆gmail.com (☆を@に変えてください)
             ※原稿料はお支払いできません。

水甕叢書

残しのなき人生をとそんなこと死はいつだって人生の途上
久保みどり『鳥と暮らす』(角川書店、2018年)

 この歌集を読んでいる頃に、大勢の人が死傷した放火事件のニュースを聞いた。この歌はもちろん昨年より以前に詠まれたものだし、事件を予言したわけではないが、妙にドキリとした。
 私の住んでいる地域から近いところでは、三年前に障害者用施設でテロが起きて19人が亡くなった。海の向こうの国では、学校やお祭り会場で銃が乱射される事件が頻繁に起きている。そうした事件でなくても、つまりニュースにならないような事故や病気によってでも、自分や誰かの死は<人生の途上>にやってくる。
 若年でなくったって、平均寿命をはるかに超えていたって、あなたがいなくなれば、それは<いつだって人生の途上>のこと。

(重吉 知美) 

 最近、二冊の歌集を読んだ。

後藤さん殺害のニュースにNHK日曜のど自慢十五分遅る
  久保みどり『鳥と暮らす』(角川書店、2018年)

二〇一五年二月
オレンジの服着せられし人の下ちいさくならぶ平凡な死は
吉川宏志『石蓮花』(書肆侃侃房、2019年)

 二人が同じ事件を詠んでいる。2015年、イスラーム過激派のISILが二人の日本人を殺害した事件だ。このうちの一人はジャーナリストの後藤健二さんだった。それぞれ事件の時に詠んだ歌を、歌集に編み込んだのだろう。
 久保さんの作品を読んだ時、最初はさっと読み飛ばしたが、後からじわじわと怖くなってきた。NHKの人気番組の放送開始が15分遅れるほどの大ニュースだった、という歌だ。と、最初は理解していた。
 でも、待てよ?邦人がテロ組織に無残に殺されたんだよ?え?待って、『のど自慢』を遅らせただけ?それだけ?え?
 つまり、この歌は「ジャーナリズムが娯楽番組を報道よりも優先させた」という事実をすらっと書いている。それが分かると、この国の空気自体が急に怖くなってしまう。

 吉川さんはISILがインターネットに公開した動画を見たのだろうか(私は見ないことにしている)。その映像の下に人質たちが亡くなったことが記されているのだろうか。
 結句の<平凡な死は>は意見が分かれるだろう。海外で拉致されて「処刑」されるなんて死に方が<平凡>な訳が無い。死ぬことそのものは誰にも訪れる<平凡な>現象だ。だが、死というものの普遍性ゆえに「処刑」してその様子を全世界に見せびらかすという行為の異常性が際立ってくる。そして、読後には人質たちが着せられた囚人服の<オレンジ色>が、脳裏に不気味に染み付いてしまう。

 時事詠は「すぐに古くなる」としてあまり詠みたがらない人がいる。しかし、こうして歌集に編んでまた誰かに読んでもらうと、「あ!そんな事件あった!」と思い出して真剣に鑑賞される可能性だってある。少なくとも読者としての私はそうだ。古くなるなんて言わないで、詠みたい時事詠を詠んでくれ。

(重吉 知美)

①仕事の歌
 いきいきと楽に作っている感じがする。それ以外の歌は、構えているというか、私生活を出さない、そのような作り方。その落差が面白い。(真中氏)
 良い歌を作ろうとするときのパターン化が、仕事の歌では少ない。肩に力が入っていないからか。パターンも枠を破り、いろいろなものを学ぶといい。(真中氏)
 仕事は、知らない世界が面白いが、何が読まれているか、よりどのように読まれているか。(林氏)

②詩的処理
「冷え、さびしさ、青、ふるえ、涼しい、しめる、雨」そのような言葉が多い。詩的言葉に頼ったところがないだろうか。(春日氏)
 詩的処理の仕方が、ややパターン化している。(林氏)
 一つの方向にまとまっている傾向。同じ言葉の繰り返しも多い。(林氏)
 リズムを生む、ということはある。手法会得は良いが、やりすぎれば変化に乏しく、感動も薄れる。大-小などの繰り返しも多い。(春日氏)
困ったときに、余計な変なこと言うくらいなら繰り返せばいい。しかしこれはそれとは違う。最初に出てくるものと、次に出てくるものが付きすぎな面もある。(真中氏)

③社会詠
 社会的な題材と、比喩するところがさらっと書かれすぎ。もう少し掘り下げる方が、作者の本質に近づくか(真中氏)
 分かりやすい形で提示しなくてはいけないと思ってるなら誤解。分かりやすい・覚えやすい、などの易さを安易に求めてはいけない。(林氏)
 社会詠として、簡単に触れたように見えてはいけない。常識的な範疇に終わっている。よく言われることを、よく言われる中で穏当に済ませるのでは言う意味がないのでは。(林氏)
 いざという時に、自分に降りかかる。そういう時に表現の力が自分の中から湧いてくる、それにより、まっすぐ向き合う、その時のためにどんどん歌を詠めばいい(真中氏)


!パネリストの皆様、有難うございました!


(水甕岡崎支社 木村美和)




春日いづみ評より~

  花散らす雨の重たさ 卵管を静かに下る卵の老いゆく(P7)
  春の湖(うみ)に映る三日月遥かなる象形文字の生れし月の夜(P17)

 17年間の歌を再構成された歌集。構成の緻密さを感じた。月と桜という日本人が親しみを持つモチーフを全体に置いている。女性ならではの身体感覚も特徴。

  針使ふ手元明るく照らされて丸めた背なは闇に預ける(P40) 

 一番好きな歌。手元は照らされているが、背は闇に預けている、仕事をしながら仕事にまぎれない自分がどこかにある。その自分を今は闇に預けているという発想、それをうまく表現している。仕事の歌、いきいきしている。

  乾いたものばかり息づく博物館にあなたの息の湿りゐること(P22)

 表現の巧みさを感じた。博物館に置かれているものは、悠久の時を越え、まさに乾いたものばかり。そこに、それを見る人間の生の肉体。それも最も身近な〈あなた〉の息。

  きつねうどん紅葉の寺に味はへば舌の先よりきつねめきたる(P105)

 場面設定の面白さ。紅葉は一本や二本ではない。人の心を高揚させるような場面で、人を化かす狐めく、そういうことが起こってもおかしくないような場面の設定。

(水甕岡崎支社 木村美和)




真中朋久評より~
  
  香りつつひと夜に散りし木犀の金の環めぐらせ人を拒みぬ(P175)
  香を持たぬはこゑ持たぬこと 柿の実の淋しき重さ籠に盛りゆく(P177)
  
 歌集を通し、環とか金色の物の主張が全体に亘っているようだ。二首目は、一番好きな歌。木犀の香りに対し、柿の実は他の果物のような香を持たない。それは声を持たないことなのだという捉え方が新鮮。

  黒糸より黒き喪服の黒の色死は生よりも僅かに暗い(P41)
 「しとしと」と教へるゆゑに六月の雨「しとしと」と聴く耳育つ(P96)

 仕事の歌の手触り。細かい具体に目が行くことが歌の世界をちょっとずつ良くする。〈死は生よりも僅かに暗い〉までは言わなくていいか。二首目は、気象予報士という仕事柄、注目した。「しとしと」は東京の方。関西の梅雨はわりとしっかり降る。仕事をしていると、または専業主婦なら主婦として当たり前になっているものに気づく。「しとしと」という言葉に私たちは捕らわれていると気づく。

  木の椅子の木目はとても怖かつた父の胡坐(あぐら)は妹の席(P130)

 長女気質の、つつましさや人の様子を見る視線。自分が環の中に入れず、あるいは自分の環に誰かを上手く入れられなかった。直接触れずに、ちょっと距離を持ちながら、嗅覚など微かなものを感じて世界を見ている。

ひとまずここまで。

(水甕岡崎支社 木村美和)





↑このページのトップヘ