昨年の8月の記事で藤田正代さんの作品を鑑賞した。その後、ご本人から第一歌集をいただいて恐縮していたところに、11月に発行されたばかりの第二歌集『冬薔薇』までご恵投いただいてしまい、恐縮しすぎて剥いた目が塞がらない(そんな慣用句はない)。
 先にいただいた歌集のご紹介がまだだが、やはり最新歌集の話をしよう。

 歌集タイトルの「冬薔薇」には奥付けには「ふゆさうび」とルビがふってある。ただし、藤田さんは旧仮名遣いなので、「さうび」は「そうび」と読む。「ふゆそうび」と読んで、意味は字のごとく冬のバラのことだ。
 この歌集は「冬薔薇」のモチーフが冒頭と巻末に出てくる。

冬さうび蕾のままの寂しさは追つて行けないうしろでに似て pp.12
散りどきを見定めて切る冬薔薇死にぎはと言ふきはを思ひぬ pp.13
冬薔薇うぶ着のやうな花びらをそらして咲けり転院の朝 pp.198
しみじみと語ることなく逝かしめて写真の母に飾る冬薔薇 pp.200
いまここがわたしの居場所冬バラの咲きたる庭に朝の陽は差す pp.203

 共通するのは、これらの薔薇の具体的な色がほとんど示されていないという特徴である。「冬薔薇」は辞書では文字通り「冬の薔薇」という意味であるし、画像検索すると濃い赤色や薄いピンク、黄色など様々な色があるようだ。そうなると、もう少し記述してほしいという批判もありうる。どんな色かによって、歌の印象が変わりうるからだ。色を明らかにしないのは、読者に好きな色を想像してほしいという狙いがあるのかもしれない。
 一方、形については表現を心がけているように読める。<蕾>の状態を<うしろでに似て>寂しいと言う。<散りどきを>見定めて切るというのは要するに萎みかかっているのだろう。三首めの冬薔薇は咲いたばかりなのだろうか、<うぶ着のやうな花びらをそらして>いる。最後の歌は朝日が差して冬の薔薇が咲く庭が自分の居場所だという決意のような、希望のような作品で、これを巻末歌として配置しているのが象徴的だ。しかし、ここでも薔薇の花の色については触れていない。庭にたくさん咲かせていて、色とりどりなのだろう。
 歌集タイトルにするくらいだから冬薔薇がお好きなのだろう。他にも草花の歌がたくさん出てくる。私は自然の歌が苦手なので、参考にしながら読ませていただいた。

(水甕 重吉知美)