わたくしが復讐と呼ぶきらめきが通り雨くぐり抜けて翡翠かわせみ pp.6
胸をながれる旨くて熱い黄金よ秋は冒瀆にはよい季節 pp.21
やがてそれが墓であったと気づくまで菜の花畑の彼方なるらい pp.57
さみどりの栞の紐を挟みこみやわらかに本を黙らせている pp.92
もう行くよ 弔旗とキリン愛しあう昼の光に君を残して pp.171

 服部真里子さんの第二歌集『遠くの敵や硝子を』(書肆侃侃房)を読んだ。第一歌集よりも難解で不穏な表現が多いように思う。なんだか服部さんが私たち読者に「もっとついてこいよ」と迫っているみたいで、彼女に煽られるように一気に読んだ。
 歌集評についてはネットや各誌にたくさん載っているだろうから、ここでは特に述べない。それよりも私たち歌人が彼女から盗めそうなテクニックについて考えてみたい。

 掲出歌に共通するのは、輝きや美しさを連想させる言葉の中にドキリとするようなネガティブな言葉が一語混ざっているという特徴である。<復讐>、<冒瀆>、<墓>、<黙らせている>、<弔旗>などをそうだとしてみよう。ここでは便宜的に「ダークワード」と呼んでみる。うわー中二病っぽい(私のネーミングセンスが)。
 ここで大事なのは、一首の中におけるダークワードの比重または役割である。一首めは、<きらめき>とそこから連想される<通り雨>の爽やかさ、<翡翠>という美しい鳥の名前に比して、<復讐>という言葉が荒々しく迫る。しかも<わたくし>が<きらめき>に対して<復讐>と名付けているのであり、このキラキラした風景はすべて<復讐>に彩られている、というカラクリだ。どうだ、三〇年遅れの中二病でなくても何度も読み返してしまうだろう。巻頭歌からこの調子だから凄い歌集だ(語彙力)。
 四首めはの四句めまでは割と穏当な言葉を配置しているが、結句で「(本を)<黙らせている>」というなんとなく暴力的なイメージを喚起させる。しかも、決して分かりやすい暴力ではなく、じわじわと怖がらせる、まさに「黙殺させる」主体としての「私」だ。通常、「本を眠らせている」としてしまいがちだが、それだと穏当でお上品な歌にしかならないだろう。
 五首めはもともと<弔旗>というダークワードがメインであるが、そこにいろいろと暗い言葉で飾ってしまうと<弔旗>のインパクトが弱まる。<キリン>、<昼の光>というあえて暗さを連想させない言葉を配置して、<君>への弔意をじんわりと感じさせるのである。そうして、初句と一字空けにこめられた悲しみを味わうことができる。本歌集はこれを巻末歌として締めている。
 自分の歌が歌会で「キラキラしすぎ」と評されたら、一語ぐらいダークワードをひねり出してはどうだろうか。逆に「暗すぎる」と言われたら明るい言葉を考えてみてもいい。それから推敲してみてもいいと思う。

 そうはいっても私は次の歌が大好きだ。ダークワードを駆使して心身ともに攻撃されやすい立場にいる誰かの、反撃の牙を表現している。

夜の雨 人の心を折るときは百合の花首ほど深く折る pp.62

 (水甕 重吉知美)

 服部真里子さんの第一歌集『行け広野へと』の記事はこちら。