このエッセイは、主に水甕社の会員に向けて書いています。

----------
映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観たことはブログでも書いたが、クイーンのメンバーが新曲に関する記者会見を開く場面があった。そこで、記者たちはフレディ・マーキュリーのセクシュアリティに関して質問攻めにする。実際にそういう記者会見があったのかは知らないが、80年代における同性愛者への強烈な差別意識を考えると、マスコミが「ゲイ疑惑」を暴きたがったのは本当だろう。
マーキュリーがゲイであったこと、そして他の三人のメンバーたちがそれを承知していたことは、クイーンの作品にも大きく影響していたはずだ。しかし、彼らのプライバシーはもっと守られるべきだった。

シンガーソングライターと同様に、プライベートと作品が密接だと信じられている−−いわゆる<私性>重視の−−短歌表現の空間でも、似たような問題が起きやすい。
結社誌の作品を読むと、あの人には子どもがいて、孫が就職して、配偶者が亡くなって、そのあと親が亡くなって、自分が病気になって、ひ孫が生まれて‥などなど、プライベートがダダ漏れになっていることは多い。だから、全国大会などでお会いしたときに「あの歌の旦那様とは?」などいろいろと訊きたくなるだろうが、ちょっと待った!地雷かもしれんから気安くきかんほうがええで!!
特に若い人がセクシャルな歌を詠むと、気になって気になって仕方がなくて事情を訊きたくてしょうがなくなるだろう。でも、そこはぐっとガマンしよう。それが大人だ。訊いちゃったらそこで負け、セクハラですよ。ゲスい質問は絶対にしてはいけない。
歌と私生活は別、ということもある。そして、私生活から歌を作り上げたときでさえも、いや、そうだからこそ、対面では言って欲しくない、訊いて欲しくない、ということがある。性の歌ならその人の性はその歌がすべて、別れの歌ならその人の別れはその歌がすべてだ。
それと、個人的な感覚だが、過去を清算したつもりでもいろいろ訊かれて話しているうちに怒りが再燃することもあるので、気をつけたほうがいいと思う。久しぶりにお会いした先輩同人に離婚の事情を話しているうちに、先輩のお顔が小姑だった女性に見えてきてだんだんイライラしてきたことがある。

セクシュアリティを公開して歌集を編む歌人や、自身のセックスや身体を詠む女性歌人も増えてきた。だからといって、いや、だからこそ彼らのプライバシーや心は守られなければならない。面と向かって「あのエッチな歌の恋人とは、最近どう?」などとお訊きしてはいけないのだ、絶対に。

何も「表面的な付き合いに徹しろ」と言っているわけではない。信頼関係を築かないうちからズケズケとプライベートを訊くなと言っているのだ。しかし、私たちは有名歌人や同じ結社会員の歌を読むうちに、「自分がその人のことをよく知っていている」、信頼関係が既にあると一方的に勘違いしてしまう恐れがある。肝に銘じたい。特に男性会員や、年少者に対する年長の女性会員は気をつけられたし。

(水甕 重吉知美)