先日、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきた。




ちょ、ちょっと待って!これ短歌ブログだから!あとで短歌の話するからタブを消さないで!!! 

イギリスのバンド・クイーン (Queen) の伝記映画である。1973年のバンド結成から、人気最盛期、バンド解散の危機を経て、1985年のライブエイド (Live Aid) での演奏までを描いている。ボーカルのフレディ・マーキュリーは、この後、エイズで1991年に亡くなっている。

伝記映画ではあるが、マーキュリーのマイノリティ(特にゲイ・セクシュアリティ)としての人生に焦点が当てられており、他の存命のメンバー三人のプライベートな部分はほとんど表現されていない。
ファンに知られている史実とは異なる描写もあるようで、例えばマーキュリーが最晩年の恋人ジム・ハットンと出会った時期と、HIV(エイズウイルス)感染発覚の時期を前後させているらしい。
まあ、私、クイーンのファンでもなんでもなかったんで、全部クイーンファンの同居人に聞いたりググったりしたことなんですけどね。

短歌の歌集を何冊か読んだことのある人なら分かるだろう(はい、ここから短歌の話です)。事実をすべて正確に記述して行くことと、表現することが一致するとは限らない。
短歌の先生が歌集を出されたときに話してくださったのだが、作品の配列は必ずしも発表順ではないという。時系列を考えながら連作などの順番を構成して一人の主人公の物語を作るという、そんな趣旨のお話だった。つまり、その人は自分をモデルにした<私>を主人公に、一冊の歌集を表現しきったのだろう、と理解した。
すべてを記録して表現するということは不可能で、どの事実を採用して時系列を組むかということも、表現の技法なのである。

一方で、『ボヘミアン・ラプソディ』については、BuzzFeed の Pier Dominguez が、マーキュリーのマイノリティ性の表現が不十分かつ不適切であることを指摘している。
私も、マーキュリーの元婚約者メアリー・オースティンとの関係がロマンチックに描かれすぎていることが気になった。オースティンはマーキュリーのアンドロジナスとしての魅力を開眼させ、ゲイとしての自認まで導いた上で身を引いて(史実とは違うらしい)、別れた後も良き友人として彼を見守り、ドラッグや見境のないセックスに溺れる彼を救おうとする人物として表現されている。つまり「ゲイに献身的に尽くしてくれる女性の友人」というイデアであり、ノンケ女としてはちょっとムズムズするのである。もちろんこれによって、ゲイに対する偏見が増長される恐れはある。
表現しようとするとき、事実を羅列するだけなんてことはできない。どの事実を採用し、時系列をどう組むか。そして、何を表現したか何を表現しなかったかで他者から批判を受けることは当然起こりうる。それは短歌であっても、結社誌に載せた一首の歌であっても同じことだろう。うん、無理やり短歌の話で落ち着けたぞ。

とはいえ、この映画は音楽が素晴らしく、ミュージカル映画としては最高だと思う。史実と異なると承知しながらも隣で見ていたクイーンファンである同居人は感動して泣いていたし、私のようなニワカでも楽しめた。子どもたちと観る人は、映画の後に1980年代のゲイの人々が置かれていた困難について話してあげてほしい。

(水甕 重吉知美)