誰かから誰かへわたる一隻の船を見ている半島の朝
ぺちぺちと尻を叩いて助手席へ促す草食みやまぬわたしを
海沿いのカーブはゆるくいまなにか大事なことを思い出したが  
『幻桃』2018年9月号
(幻桃 江口美由紀)