9月12日、キラーズ  (The Killers) の来日公演を日本武道館で聴いてきた。

IMG_0611
ボーカルのブランドン・フラワーズとドラムのロニー・ヴァヌッチィがサポートメンバーを連れて来日

 キラーズはアメリカのバンドで、イギリスでも人気がある。在日英米人のファンだろうか、会場内は英語を話す人々が多かった。一階席の私の隣にも若い白人女性の二人組が座り、英語で会話しながら開演を待っていた。
 ライブが始まると気づいた。この二人、ガチファンだ。
 一曲目の "The Man" からアンコールの "Mr. Brightside" までおよそ二時間ほど、ずっとスタンディングで歌詞をボーカルとともにずっと一緒に熱唱しているのである。君ら、アリーナ席の方が良かったんとちゃうんか。(ただし、途中の "Tyson vs. Douglas" では「え?それ歌うの?」とばかりに戸惑って歌っていなかったのが個人的にツボだった。)また、さすが英語話者、英語うめーなーと思ってた。
 オーケストラか合唱のコンサートにしか行ったことがなかったので、聴衆が演奏者と一緒に歌うというのは面白い体験だった。

 一方で、この彼女たちにとって異国の地で母語の歌を聴き、歌うというのはどんな意味を持つのだろうか、と考えさせられた。沖縄研究の社会学者の本に、こういう一節がある。
昔、私が在籍した大学院の博士課程に、沖縄から進学してきた院生がいて、彼女はウチナーグチもわからないし、沖縄なんてぜんぜん興味ない、と言っていたが、いちど大阪で飲んでカラオケに行ったとき、「てぃんさぐの花」を歌いながらボロ泣きした。(岸政彦『はじめての沖縄』新曜社、2018年、pp.59)



 また、海外在住の日本人・日系人が短歌制作を始め、続けるというケースも多い。
 英米人、沖縄人、日系人の体験をすべて同一視することはできないが、異郷で母語の詩歌を奏でるという行為には、本当にどんな意味があるのだろう。日本本土の歌人が日本語で短歌を詠むことに無自覚でいられるのは、マジョリティ特権である。私はマジョリティとして、自分と違う人たちがいるということをなるべく忘れないでいたい。

(水甕 重吉知美)

 参考までに、ライブでも演奏した "Run For Cover" のPVを。