IMG_0460

 「命の危険がある暑さ」といわれる今年の夏。昨年の夏、歌友のKさんが急逝され葬儀に参列した。その日もとても暑かった。会社経営のご主人、大企業に勤めるご長男の関係者が多数参列される中、私たちは隅で手を合わせた。生前のKさんを知り、その死を心から悼んだ人はどのくらいいたのだろうか。女性としてのやるせない思いを、私はこの季節の度に思い出すだろう。

死してなほ妻であること真夏日の故人を知らぬ参列者たち  (水甕芦屋支社 加藤直美)