水媒花

みんなで綴る短歌ブログ。

このブログで、共に短歌を学び、短歌で遊べたら幸せです。
宜しくお願いします。

《このブログでやりたいこと》
①ネット歌会 ~どなたでもお気軽にご参加下さい!第三回水媒花歌会は、詳細の決まり次第ブログで告知します。
②学びの共有 ~研究発表、短歌イベント参加レポート、読んだ歌集の感想など~
③交流    ~告知やちょっとした日常風景、作品など~
      寄稿受付 kimuramiwa11☆gmail.com (☆を@に変えてください)
             ※原稿料はお支払いできません。

電車を間違えて、はじめて降りた、とある駅のホームに看板があり、「このホームはゆるく線路へ傾いています」とある。看板に気づかなければ気づかなかった傾きで、いや、意識しても分からない程度の傾きなのだが、足元がおぼつかなくなり、体ごとホームに吸い込まれそうな気分になった。

~線路へとゆるく傾く地下鉄のホームを滑る少女の眠り

                                (木村美和)






歴史、風土、人々の営みが、作者の生活に即して活き活きと描かれており、どこか懐かしく、あるいは民俗学の資料でも読むかのよう、興味深く読んだ。 
中でも、「春をよぶ魚」「しらはな色」からは、自然や生活が匂い立ち、ここに本歌集の大切な要素が凝縮されていると感じた。

  門口に浅蜊の殻のばら撒かれぱきぱき踏まねば入りてはゆけぬ
  目出し帽の裸の眼ほそめつつ生海苔たぷんと掬ひてくれる
  貝塚をくづして造りし太き道 市民病院がほら見えてきた  

自らの生を、古代から続く永い営みの中の一点と捉え、生と死との「境界」、言い換えれば一つの生とまた別の一つの生との「境界」を見つめる深い眼差しを感じる。

「空と海」「天と地」「空と陸」「あっち(浄土)とこっち」「あの世この世」、、、さまざまな境界が詠われる。

  牛蛙べるじゆらつくと鳴く闇を逆さになりて橋より覗く

私たちが何気なく光を当てている世界と、牛蛙が私たちには分からない営みを紡ぐ(私たちからすれば闇の)世界とを、〈橋〉を境に見つめる視点が面白い。〈べるじゆらつく〉のオノマトペが巧みだ。

  (しで)の白なんぢやもんぢやと揺れゆれて噂のひとつ消えてしまへり

夢現の境界を思わせる不思議な手触りが感じられる。
土着の力強さと素朴な明るさは、本歌集を通して作者の生を支えている。

歌集には、作者の身辺を題材にしながら、作者のみの生ではなく、泡沫の夢のように生まれては消えてゆく一粒一粒の生の輝きが描かれている。その「身辺」の最たるものである、家族を描く歌では、情を抑えた確かな文体が、静かな慈しみを伝える。

  母の肌知らぬ小象の肌にふれ男は男のことばに諭す

  テニアンに父は参りき平成の世を生き残り生きてゐしころ

  すぐに来る死ぞすぐに来る雨よりも不確かなれば(はは)に靴買ふ

そして巻末歌で、作者は、様相の変わりゆく自然を思いつつ、遥かなる世に思いを馳ている。

  春のシャツ風にハタハタ膨らみぬ吾の背びれよ海へみちびけ

                                (木村美和)

3月5日(月) 13:00~
岡崎市竜美丘会館502号室

水甕岡崎支社3月定例歌会を行います。
結社内外からのご参加、お待ち申し上げます。

お問い合わせ:kimuramiwa11☆gmail.com(☆を@に変えてください)

↑このページのトップヘ