水媒花

みんなで綴る短歌ブログ。

このブログで、共に短歌を学び、短歌で遊べたら幸せです。
宜しくお願いします。

《このブログでやりたいこと》
①ネット歌会 ~どなたでもお気軽にご参加下さい!第三回水媒花歌会は、詳細の決まり次第ブログで告知します。
②学びの共有 ~研究発表、短歌イベント参加レポート、読んだ歌集の感想など~
③交流    ~告知やちょっとした日常風景、作品など~
      寄稿受付 kimuramiwa11☆gmail.com (☆を@に変えてください)
             ※原稿料はお支払いできません。

6月1日(土)13:30~16:00 
芦屋市民センターにて『金の環』を読む会が行われました。
パネリストは、林和清氏、真中朋久氏、春日いづみ氏です。
印象に残ったことを一部、紹介したいと思います。

林和清評より~

  花散らす雨の重たさ 卵管を静かに下る卵の老いゆく
  遠からず来るメノポーズ霧深き異国の街の名前のやうな

 男性には頭でわかっても実感できない部分。女性にとっては身に引き付けて感じられるであろう、それも向き合いたくないであろう部分にしっかり向き合っている。生々しいことでありながら歌い方が非常に清潔、やや冷ややかな感じに歌っている。

  囁きに震へし耳もひらひらと夜の桜に混じり散るらむ
  さつきまでわれを映してゐた君の眼鏡涼しく置かれてゐたり
  君の喉潜りて音となるわが名聞かむと待てり葉桜の下

 老夫婦でも若い夫婦でもない夫婦の愛の歌として注目。一首目、記憶の中にある耳が桜に散る、言葉によってこれほどのイメージを喚起する。二首目、三首目はイメージより現実の捉え方として感情がこもる。こういった身体感覚を通して相手への思いを詠んだものに、良い歌が多い。

  犬は犬を子供は子供を目で追ひぬ夕暮れの道擦れ違ふとき

 人間の認識の在りようを感じる。同類に対する気になり方は、決して優しい眼差しばかりでない。自分で気づかないような差別意識や階級意識まで考えさせられる。

  冬の蚊を打ちし手のひら生まれたる音ひんやりと洗ひ流せり
 
 出来事として何も言っていない。「音」は命を殺めた音。
 この作者は、やはり身体感覚として捉えたものが素晴らしい。

  死をそつとこの世に置いて人は逝く 窓にひとひら昨日の桜

 死は生きている人の側にあるという実感が、歌にすることにより普遍となる。死に桜はつきすぎ。

 一旦ここまで。

(水甕岡崎支社 木村美和)






当ブログのコメント欄をすべて閉鎖しました。新たにコメントを書き込むことはできません。

記事へのご感想は、kimuramiwa11☆gmail.com (☆を@に)までお寄せください。

(ブログ「水媒花」管理メンバー 一同)

 ブログメンバーの加藤直美さんが昨秋、第一歌集を出された。水甕賞受賞経験があり、作歌力は十分で、待望の歌集だ。
 既に本人からの紹介、ご寄稿による歌集評もある。

金の環 歌集出版のお知らせ
成人の日 歌集からの作品紹介
『金の環』 の歌評をいただきました! 枝豆みどりさんご寄稿


 私からは、まずは震災について詠んだ歌を紹介したい。

新学期の子の教科書に一行の史実となりて〈震災〉がある pp.77

 1995年の阪神・淡路大震災か、2011年の東日本大震災か。教科書に(おそらく社会科か日本史のそれに)表記されているのだろうか。教科書に載るということは、死傷者が多かったということ、損害が大きかったということ、その後の社会への影響が深刻だったということだ。だが、それらの詳細は省略され、<一行>にまとめられる。他の史実と同様、重要なことだが簡潔な表現で示されるのだろう。

ライラックの便りとともに地震なゐふりし地より答案戻り始める pp.89

貌見るなきボーロのやうなひらがなが囁く「じしんはこわかったです」 pp.90

 職業詠の連作より二首。通信教育の添削の仕事のようだ。ライラックが咲くのは4月以降だというから、2011年東日本大震災の被災児たちと思われる。お互いの顔を知ることのない、文字だけでやり取りする関係。<ボーロのやうなひらがな>を書く子は、作者の馴染みの(ただし対面する機会のない)児童かもしれない。丸っこい文字か、またはタマゴボーロのようにふわふわした文字か。すべてひらがなで書くぐらいだから小学校低学年だろうか。「じしんはこわかったです」と自分の恐怖を頑張って言語化した健気さに胸が痛む。

潮の香が川上がり来る雨の前ここにも津波が来るといふこと pp.132

 加藤さんは確実に「あった」事実として震災を詠む。ある災害に関して、そこで被災しなかった者の多くは記録を読み、話を聞くことで震災を追体験していく。本歌集の「震災詠」を読んで、私個人の震災追体験はどうあるべきだろうかと考えた。

(水甕 重吉知美)

↑このページのトップヘ