水媒花

みんなで綴る短歌ブログ。

このブログで、共に短歌を学び、短歌で遊べたら幸せです。
宜しくお願いします。

《このブログでやりたいこと》
①ネット歌会 ~どなたでもお気軽にご参加下さい!第三回水媒花歌会は、詳細の決まり次第ブログで告知します。
②学びの共有 ~研究発表、短歌イベント参加レポート、読んだ歌集の感想など~
③交流    ~告知やちょっとした日常風景、作品など~
      寄稿受付 kimuramiwa11☆gmail.com (☆を@に変えてください)
             ※原稿料はお支払いできません。

12月9日に<木ノ下葉子歌集『陸離たる空』を読む会>が、東京で開催された。パネリストとその報告内容については、木村美和さんがレポートしている。

木ノ下葉子『陸離たる空』を読む会①~加藤英彦氏
木ノ下葉子『陸離たる空』を読む会②~田口綾子氏
木ノ下葉子『陸離たる空』を読む会③~清水正人氏

このうち、田口綾子さんが本歌集中における「正しさ」へのこだわりを指摘している。

-----以下、報告レジュメより-----

Ⅱ「正しさ」への志向
 
  視野の端の眼鏡のフレーム消し遣りて仰ぐ景色を二刷(にずり)と思ふ pp.26
  真つ白にこんなにしろくなるのかと指ばかり見る顔よりも見る pp.48
  木洩れ日を映して揺るる壁それが閉鎖病棟の壁であること pp.185

✳︎

  歳時記を覚えてしまひし後の夏季節はかつて眼を打ったのに pp.33
  よしずよしずと売る声のする雲間かな目を閉ぢてゐる方が眩しい pp.101
  海より青き海を見てをり断熱用フィルム貼られしバスの窓越し pp.117

Ⅲ「正しさ」のバリエーション

  医者の来る気配に居様を整へてしまへり正しく嘆かむとして pp.48
  お大事にと言はれて気付くさうだつた私は患者で貴方は医師だ pp.78
  書くほどに冷えゆく指かまだ母を物語になどしたくはなきに pp.88
  吹かれつつ靡かぬままの我が影をときに足から切り離したし pp.106
  きみの名に忌と続ければ唐突に君は死にたり陸離たる空 pp.139
  君のこと物語にした罰としてどんな晴れにも行き止まりができた pp.180
  金環日蝕まさに輪になる瞬間に人の噂を始むる母は pp.188

-----以上-----

この「正しさ」について、パネリストの 加藤秀彦さんが「田口さんのおっしゃる「正しさ」には「社会一般での正しさ」と「<私>の持つ正しさ」の二つの水準があるのではないか」という趣旨のことを指摘した。
私は、加藤さんのおっしゃる前者の意味での「正しさ」、すなわち社会規範についてよく考えることがある。この点にだけ焦点を当てると田口さんの議論の多くを取りこぼしてしまうのだが、しかし、木ノ下さんが規範の歌を詠んでいたという事実はなかなかに面白いように思う。

  医者の来る気配に居様を整へてしまへり正しく嘆かむとして pp.48

これは「望ましさ」としての規範の歌である。他人であり家族の死を公的に見届ける医師の前で、遺族としてどのように嘆いてみせるのが適切か、最愛の家族が亡くなる場面であるにもかかわらず、この冷静さには鬼気すら覚える。

  お大事にと言はれて気付くさうだつた私は患者で貴方は医師だ pp.78

診療室では、患者は患者の、医師は医師の「役割」を演じる。誰かの娘、父親、恋人、夫ではなく、患者/医師としてである。それが診療室での適切な規範であるからだ。加藤さんはさらに医師と患者の非対称的な関係性と、それをすっかり忘れてから<さうだつた>と気づく<私>の奇妙さを指摘している。こうした役割期待に基づく「望ましさ」の規範は、精神科の診察を受ける場面での作品に見られるようになる。

  きみの名に忌と続ければ唐突に君は死にたり陸離たる空 pp.139

私たちは有名人や文化人の名前、あるいは彼らにちなんだものの名前に「忌」をつけることで、ある特定の日を「偲ぶ日」として設定することがある。この歌はそうした私たちの言語規範、慣習としての文化的規範を別の方向からなぞり直すことで短歌にしたものである。

  金環日蝕まさに輪になる瞬間に人の噂を始むる母は pp.188

この歌は<私>の考える「正しさ」と<母>の考える「正しさ」の(ユニークな)対立が指摘されたが、この二者の「正しさ」はいわゆる「価値観の違い」として同じ社会で並存することがある。<金環日蝕>という天体の歴史的イベントの前では、俗世間の噂などにかまけていられない、という人の方が多いだろう。しかし、遠くてよく分からない宇宙よりも身近な人間生活の方が大事、という「正しさ」もある。

私が木ノ下さんの「規範の(再)記述」の技法に拘るのは、それが私(たち)が彼女と肩を並べられる唯一の突破口であるからだ。木ノ下葉子さんのような歌人は、繊細で、感性豊かで、文学的だとされている。そして、そうしたいっぺん通りの賛美の言葉には、「この才能は生まれつきのものだからどうせ近づけない」という勝手な諦めが混じっていることがある。確かに感性の豊かさはそうそう真似できるものではない。しかし、社会規範を観察し記述しなおすことに、感性とか才能は必要ない。彼女はおそらく無意識にそうした技法を展開しているのだろうが、私(たち)はその技法を意識的に身につけることが可能なのである。

(水甕 重吉知美)

Share on Tumblr

3人目のパネラーは清水正人氏です。
最終発言で、また司会を兼ねており「ここまでで話題にされなかった点を」ということで、お話しくださいました。
※簡単な抜粋メモです。お気づきの点等ございましたらお手数ですがお知らせください。

Ⅰ ユーモアとアイロニー
 ユーモアの奥行きにはアイロニーが必須である。アイロニーにユーモアが欠けていたのでは、聞くに堪えないのと同様に。有無を言わせぬ痛烈な皮肉を纏った著者の諧謔はすこぶる健康である。(レジュメより)

  しあはせであるしわよせがやつてくる皆様にはご健勝のことと
→一つまみの塩が、ある種の奥行になる。

  石鹸を使ひ終はつた午後届く喪中葉書に咲く胡蝶蘭
→石鹸は、終わりに近づくと無くなったり、新しいものに貼り付けたりする。それを最後まで使い切る作者の午後。

  玉かぎるハローキティは前足でペロペロキャンディー持つたりもする
→「玉かぎる」は「ほのか」「夕」「はろか」などにかかる枕詞。「はろか」⇒「ハロー」⇒「ハローキティー」と活用?!

Ⅱ 特権的肉体考
 肉体を持たない人間はいない。存在はその始まりからすでに特権的なのである。とりわけ著者の肉体は、著者の言葉によって異化されて、不思議な量感を獲得した。(レジュメより)

  欄干にいつまでも胸押しつけて水面見つめる少女であつた
→著者の歌に出てくる胸は、乳房というより大胸筋がイメージされる。欄干にいつまでも押し付けている肉体感覚。

  水は青く、ないと言ひかけザラザラのプールサイドに膝抱へゐき
→〈ザラザラの〉という肉体感覚。その中で膝を抱えている。

(水甕岡崎支社 木村美和)



Share on Tumblr

「木ノ下葉子『陸離たる空』を読む会①~加藤英彦氏」に引き続き、②田口綾子氏の発言です。
※簡単なメモの抜粋です。お気づきの点等ございましたら、お手数をおかけしますがお知らせください。

Ⅰ 凝視
 目力すさまじい作者である。作者は、都合の悪いものをシャットダウンしないことを、強いと思い、大人と思い、そうなれないと言う。異常なまでに目の前の物に執着する。ただ見るのではなく、正しさへの希求につながる。

  瞼より眼が偉いばつかりに静かなひとになれないと泣く (P122)

  目を開けて生まれたる我まなこには母の痛みの入らむばかりに (P133)
  目の前で色の褪せゆくことのなき紫陽花の玉を日暮れまで見つ (P149)


 
Ⅱ「正しさ」への志向
 
  視野の端の眼鏡のフレーム消し遣りて仰ぐ景色を二刷(にずり)と思ふ (P26)
→フレームの無い景を本当とまでは思っても、なかなか二刷までは思わない。本当の景、つまり正しいと思う景は、しかし私が加工した景である、と作者は思っている。

  真つ白にこんなに白くなるのかと指ばかり見る顔よりも見る (P48)
→本当は顔を見るのが正しい。でも指を見てしまう。理想の正しさとずれてしまう自分。

Ⅲ「正しさ」のバリエーション
「見る」以外の例

  お大事にと言はれて気付くさうだつた私は患者で貴方は医師だ (P48)
  金環日蝕まさに輪になる瞬間に人の噂を始むる母は (P188)

Ⅳ 聴覚への広がり
 歌集前半は視覚優位。後半は聴覚に取材した歌や破調が出てくる。

  葉擦れ鳴る中庭はどこも閉ぢられて風だけが去るしまとねりこ揺る  (P165)
結句八音は歌集中唯一では?

Ⅴ 過去に向き合う
 過去の助動詞の使い方が独特。

  死ぬということば覚えてのち暫し生くといふ語を知らずに生きき (P17)
  別館五階緩和ケア科の廊下には厚き絨毯敷き詰められき (P43)

→生きるとか、絨毯が敷き詰められているとか言うときに通常、過去「き」を使わないのでは。このような形で過去の助動詞を使う作者の思いを象徴するような歌が次の歌。

  現在を過去へ押し遣るやうにして定まらぬ夜のアクセルを踏む (P10)


~つづく。次回は清水正人氏です。

(水甕岡崎支社 木村美和)



Share on Tumblr

↑このページのトップヘ